うつ病の治療

うつ病の治療

うつ病が発症した際の治療には、いくつかの方法があります。
まず、直ぐに行われる治療法は「休養」と「薬物療法」、それから「精神療法」です。

この三つの中で、「休養」と「薬物療法」を組み合わせる事が「うつ病」の治療法としては一般的になっています。
まず、発症の原因と考えられる事から心身ともに距離を置き、それから薬によって症状を緩和させ、発症する前の状態に回復させていきます。
この「休養」と「薬物療法」ですが、これは専門医の判断で個人の症状に合わせた休養の取り方や、処方された抗うつ薬の飲み方を指示されます。
その時、発症の原因が学校や会社にある人は、休養に専念する為に専門医が「休学」や「休職」を指示する事もあります。
その場合は、学校や会社に専門医の診断書を提出して、しっかりと休養をとってください。
休む事に抵抗を感じる方もいるでしょうが、それは専門医との会話を通して、これも治療の一つだと思って、気を張らない様にしてください。

また、処方される抗うつ薬は、幾つかの種類があります。
しかし、どれも指示通りに飲み続けていれば、症状の7割から8割を緩和する効果が期待できます。
なので、今の治療には薬は欠かす事の出来ない存在になっています。
更に、症状に個人差がある様に、薬も効果が現れるのに個人差があります。
人によっては、処方されて直ぐに効果を感じる場合もありますが、一般的には明確な効果が現れるの飲み続けて3週間程とされています。
そして、薬を飲む際に絶対に守らなければならない点があります。
まず、専門医は一人、一人の症状を見て判断を下し、それから症状に合った薬の種類と量を調整して処方します。
なので、薬は絶対に途中で止めたりせず、指導された通りに継続して飲み続けて下さい。

最後に、精神療法についてですが、この両方が用いられるのは前の「休養」と「薬物療法」で症状の緩和が確認できた時点で取り入れていきます。
具体的な方法としては、発症した人にカウンセリングを行い、何が原因で「うつ病」になったのかをハッキリさせて、原因への対処法や個人の考え方を少しずつ見直していきます。

うつ病の治療は、これら方法を上手く組み合わせながら、完治させる事が目的です。
しかし、発症にも症状にも個人差があるため、完治までの時間が正確に分からないのが現状です。
それでも、一つだけハッキリしている事があります。
それは、決して焦らないこと。周りを気にしすぎず、自分のペースで気長に治療していくことが、回復の近道になります。
それだけは、覚えていてください。

 
inserted by FC2 system