うつ病と不眠

うつ病と不眠

「うつ病」を抱えている人の多くは「不眠」という症状に悩んでいると言われています。
実際に「不眠」という症状は「うつ病」になった人の約9割が抱えている悩みです。
しかし、その「不眠」にも実は様々なタイプがあります。

まず、ベッドや布団に入って寝ようとしても眠れない、または寝つきが悪い。
もしくは眠っても夜中に何度も目が覚めてしまい、しっかりと休息できないといったタイプがあります。
人によっては、毎晩の様に悪夢にうなされてしまい、とても辛いという場合もあります。

そんな「不眠」を改善する方法として、一般的に行われているのが投薬治療です。
投薬治療とは、文字通り「睡眠薬」や「精神安定剤」等の薬を飲んで治療する方法です。
薬を処方されたら、それを毎日決まった時間に飲んで、自然に眠りに入れる状態を作ります。
しかし、「うつ病」の「不眠」は、ただ眠れない「不眠症」とは異なるので、投薬治療には睡眠薬の他に「うつ病」の症状を和らげる薬も処方されます。

一緒に症状を和らげる薬が処方されるのは、「うつ病」の「不眠」は中枢神経のバランスが崩れる事で原因で起こるため、睡眠薬で眠りを促すだけでは、根本的な改善ができないからです。
投薬治療は、一日に複数の薬を飲まなければならないので、不安を感じる方も少なくありません。
ですが、睡眠が取れなければ体力が落ちてしまい、肝心の「うつ病」の回復を遅らせてしまう可能性もあります。
「うつ病」は治療すれば完治する病気ですが、回復には個人差があります。
そのため「うつ病」と向き合っていく期間は長くなるので、薬を使う事を怖がらずに医師の指示通りに対処することが大切です。

しかし、薬を飲む事を辛いと感じ、それが原因で逆に症状を悪化させてしまう可能性がある人も居ます。
そんな人の為に、最近では「うつ病」の不眠治療において、薬を使用せず、治療に漢方薬やカウンセリングを試みる事もあります。
もし、薬を飲んだのに症状が重くなったと感じたら、医師と相談して治療方法を変えてみてください。

 
inserted by FC2 system