非定型うつ病

非定型うつ病

「非定型うつ病」とは様々な症状から呼び名が変わる「うつ病」の一種です。
この「非定型うつ病」とは、主に二十代から三十代の方を中心に、特に女性が発症する割合が多く、女性の発症は男性の三倍から五倍と言われています。
この「うつ病」は、近年になって発症者が増加しており、その特徴は以下の様な症状です。

元気に活動することができる

普通の「うつ病」では、常に不安な気持ちがあり、元気がない状態になるのが殆どです。
しかし、「非定型うつ病」の場合は違います。
自分の好きな事や楽しいと思う事があった時は、楽しい気持ちで過ごす事ができます。

落ち込む時間帯が決まっている

明るい時間は気持ちが安定していますが、日が沈んで夕方から夜になる時間になると、穏やかでいられなくなる事があります。

眠い

他の「うつ病」の症状として「寝付きが悪い」という特徴がありますが、この「非定型うつ病」の場合は、いくら寝ても寝不足で常に「眠い」と感じる状態が多いと言われています。

過食

不安な気持ちや抑えようのない苛立ちを食べる事で紛らそう「過食」になってしまう傾向があります。
これは感情が不安定になると、発作的に何かを食べたくなってしまうので、普通の「うつ病」とは逆に体重が増加してしまう場合が多いのです。

落ち着かない

落ち着いて時と違い、不安や苛立ちが現われている時は、何をしても落ち着かない状態になります。
そのため感情が高ぶり、周囲の人に感情をぶつけてしまう事があるため、人間関係でトラブルを起こしやすくなってしまいます。

この様に「非定型うつ病」は、普通の「うつ病」とは症状が異なります。
そのため、この「非定型うつ病」は「社会と離れて休養を取る」のではなく、治療を受けながら規則正しい生活をする事が回復への近道になると考えられています。

 
inserted by FC2 system