うつ病と家族

うつ病と家族

家族の中で「うつ病」を抱えている方が居る家庭では、その人に対して接し方に関して注意しなければならない点があります。
ここでは、その注意点を御紹介しますので、参考にしてください。

自殺に注意する、無闇に励まさない

この二つは、家族に限らす「うつ病」の人と接する上で一番重要な事です。
「うつ病」の症状が重い時は、不意に「死」について考えてしまう事があるからです。
また、症状が回復に向かっている時でも、無意識に「死」に向かって行動してしまう恐れがあります。
なので、その人の症状を見極めて、突発的な行動をしてしまわないか注意を払う必要があります。
そして、励まさないという点については「うつ病」になっている人は、その人なりに症状を改善しようと努力をしている状態があります。
そんな時に周囲が励ます様な言葉をかけると、「これ以上どう頑張ればいいんだ」と逆に追い込んでしまう事があります。
それを避けるためにも、個人の症状を理解して、暖かく見守ってあげてください。

うつ病について理解する

「うつ病」の症状の辛さは、ハッキリ言って本人にしか分からない部分があります。
一見すると何もせず怠けている様ですが、内心では「何かをしたい、でも出来ない」という状態である事を理解してください。

焦らない

「うつ病」は早期に発見して治療が出来れば、短期間で完治する事も期待できます。
しかし、一般的には回復までにかかる時間は個人差があります。
そして、「うつ病」は良い状態と悪い状態を繰り返す特徴もあるため、何時になったら完治するのかと、焦りを感じる事があります。
ですが、焦りが「うつ病」を抱えている本人に伝わってしまうと、その人を追い詰めることになってしまいます。
そこで忘れないでほしい事は、「うつ病」は必ず治る病気だという事です。
ですから、焦らずに本人がゆっくり治療に専念できる環境を作ってあげる事が大切です。

 
inserted by FC2 system