子供のうつ病

子供のうつ病

「うつ病」と聞くと、多くの人は「大人の病気」と思うかもしれませんが、近年では子供でも「うつ病」と診断される例があるため注目を集めています。
特に子供の場合は、症状の現れ方が大人と異なります。
大人の場合は「不眠」や「焦燥感」等が症状として挙げられますが、子供は「お腹が痛い」・「頭が痛い」・「体がだるい」など、ちょっとした体調不良が初期症状として現われる事が多いと言われています。

更に子供は大人と違い、自分の気持ちを上手く言葉に出来ず、一目で分かる様な表情の変化が少ないため、親でも「少し元気がない」としか思わない場合があります。
そして、その様な症状は子供自身も疲れからくる一時的なもの、面倒だと思って少し怠けたくなった位だと勘違いしがちです。
そのため、これらが「うつ病」の症状だと気付かず症状を進行させてしまうケースも少なくありません。
もし、子供が以前より家の中でゴロゴロしている、食欲がない、頭やお腹の痛みを頻繁に訴える等の事があったら、心の中にモヤモヤした感情を持っているのではないかと考えて話を聞いてあげましょう。
 
大人が考えているより、子供は学校での集団生活や友達との関係でストレスや心の葛藤を抱えている事があります。
また、家庭環境が原因で感じる不安は、子供も大人も同じ様に心の負担になります。
子供が体の不調を訴えたり、元気がない様に見えたら、その症状を和らげてあげる方法を考えたり、その子が置かれている環境を見直してあげましょう。
もし、必要であれば学校の先生や専門医、カウンセラーに相談するのも良いでしょう。
心や体の不調が長く続いてしまうと、外に出ることを嫌がって不登校になってしまう事もあるので、家族で出来る限り心の負担を取り払えるよう努力してあげてください。

 
inserted by FC2 system