うつ病の薬の注意点

うつ病の薬の注意点

症状こそ他の病気と違う点が多いですが、薬の飲み方や取り扱いに関しては「うつ病」の治療で処方されても、他の病気と同じく注意する点があります。
ここでは、その注意点をご紹介します。

継続使用

まず、忘れないでほしい事は「うつ病」の治療で用いられる「抗うつ薬」には、即効性がありません。
大抵の場合、飲み始めてから効果を現れるまで数週間ほど待つ必要があります。
なので、薬を飲んでも直ぐに効き目が感じられず、焦りや不安を感じる人は少なくありません。
しかし、だからと言って飲むのを止めてはいけません。
薬は医師の指示通りに飲み続ける事で、その薬が持つ効果が発揮されます。
その為にも、決められた量をしっかりと飲み続ける事が大切です。

処方量

「うつ病」の薬は、個人の症状に合わせて処方されます。
一般的には初めは量を少なくして、徐々に増やしていきます。
しかし、その処方量も個人の症状に合わせて、増える時と減る時があります。
これは症状を見て、薬の量を調節する事もありますが、副作用を避けるという意味もあります。
なので、処方量が変化したからといって不安になる必要はありません。

自己判断

これは、他の薬にも言えることですが、処方された薬を自分の判断で止めるのは、とても危険な行為です。
自分で「症状が無くなってきた」と思い、勝手に薬の服用を止めてしまうと、逆に症状を悪化させてしまう場合があります。
更に、それが原因で回復に向かっていた「うつ病」の治療の流れが崩れ、長引かせる事にも繋がります。
なので、自己判断で薬の服用を中止したり、飲む量を調整する事は絶対にしないでください。
もし、薬の効き目が予想以上に負担だ、少し飲んだだけで随分と症状が軽くなった、そう感じたら医師と相談した上で薬の量や飲む時間などを調整してもらいましょう。

医師に相談

本来、薬は特定の症状を「緩和・抑止・抑制・解消」する事を目的にして処方されます。
「うつ病」の薬は、主に「うつ病」の症状を緩和させる為に作られました。
しかし、どんな薬でも「副作用」が絶対にないとは言いきれません。
これは個人の体質にもよりますが、治療の際に処方される「うつ病」の薬でも副作用が出て体調を崩す事があります。
そんな時は、直ぐに薬を処方した医師に相談してください。
その際、別の薬と飲み合わせた事が原因の場合も考えられるので、他の薬をんでいる時は初めて診察を受ける際に必ず医師に薬の事を伝える様にしてください。

 
inserted by FC2 system