うつ病で休職

うつ病で休職

うつ病の治療では、身体と心を癒すために休息を取ることが大切です。
しかし、どんな人でも何かと理由があって忙しい日々を送っている昨今、手を止めて休息する為の時間を作るのは簡単ではありません。

特に、会社などで仕事をしている人は、普通に「休む」だけでも抵抗を感じる事も少なくないでしょう。
ですが、うつ病の「特効薬」は十分な休養を取る事です。
1日でも早い「うつ病」の完治を目指すのなら、思い切って「休職」する事も検討すべきです。
大抵の会社では、急な病気や怪我で働けなくなった社員の為に就業規則の中にきちんと「休職」に関する制度が設けられている筈です。

この制度は、うつ病などの精神的な病気でも適応されるので、一人で抱え込まずに「うつ病」と分かった時は直ぐに会社に相談してみましょう。
会社によって「休職」の制度は異なるでしょうが、給与が全く支払われない事は絶対にありません。
しかし、会社によって「休職」の期間や、その期間内に払われる給与は異なる事が多いです。
給与に関しては休職前と全く同じ金額とはいかないでしょうが、それを元に会社が規則で定めた分の給与、または傷病手当などによって、ある程度の収入は保障されます。

更に「休職」は会社から休養を認めてもらう事になるので、自分が働いていた場所は会社が残してくれます。
なので、休息を取って「うつ病」の症状を改善し、医師から復帰できる様になっと判断されれば、会社には何時でも戻れるのです。
ならば、有給休暇を使った方が良いという方もいらっしゃるかもしれませんが、良い方法とは言えません。
なぜなら、有給休暇は残した仕事に対して心配や不安が生まれ、逆にストレスが溜まる場合があるからです。

その点、休職の場合なら休む前に仕事の引継ぎも出来ますし、給与の心配もないので安心して休養する事が出来るので早期復帰も期待できます。
ですが、休職の内容については会社ごとに全く異なるので、どれくらい休むことができるのか、休職中の保障はどうなっているのか、そういった細かな事は申請する前にしっかり確認するようにしましょう。

 
inserted by FC2 system