うつ病と性格の関係

うつ病と性格の関係

日本やドイツの精神科医が行っている研究では、人が発症する精神的な病気に関する様々な説が発表されています。
その中には「うつ病」になりやすい性格について述べている物もあり、更に「うつ病」には個人の性格が関係しているという説もあります。
あくまでも諸説ある中の一つですが、参考までに御紹介いたします。

まず、うつ病になりやすい性格を一言で表すと「真面目」である事が多いです。

・責任感が非常に強い
・几帳面である
・何事に対しても熱心に取り組む
・気配りを欠かすことがない
・どんなことでも引き受けてくれる

このような性格の人は周囲からの信頼も厚く、好かれている人が多いです。
また、人付き合いも良く、どのような環境になっても臨機応変に行動できるため、尊敬される存在でもあります。
しかし、そんな性格が災いして、逆に自分への気遣いが出来ず、心身の疲れを溜めこんで「うつ病」を発症してしまう人も少なくありません。
実際に真面目な人ほど自分がストレスで疲れているのに、疲れれば疲れるほど精神力で乗り切ろうとしてしまい、心身ともに限界になって「うつ病」を引き起こしてしまうと考えられています。

また、真面目な性格の他に「悲観的な考え」を持っている人も「うつ病」になりやすい性格だと考えられています。
これは先に紹介した「真面目な性格」とは逆に、何でも悪い方向に考えてしまい、自分の考えや思っている事を内側に溜め込んで周囲と馴染めない人が多いです。
そして、後ろ向きな考え方が原因となり、自分自身でストレスを作ってしまい、最終的に耐えきれなくなることで「うつ病」を発症してしまう考えられています。

しかし、これらはあくまでも参考にしか過ぎません。
ここで紹介した性格や傾向がある人の全員が「うつ病」になりやすいとは限りません。
ですが、昔から「病いは気から」という言葉があるように、ストレスを溜め込まず心身ともに余裕のある生活を心がけるのは健康を考える上で大切な事です。

 
inserted by FC2 system