うつ病の種類

うつ病の種類

「うつ病」には症状によって2つの種類に分けられているのをご存じだったでしょうか?

実は「風邪」といっても悪くしている器官によって正式名称が違う様に、「うつ病」も症状によって「単極性うつ病」と「双極性うつ病」という名前の違いがあるんです。
この2つは最後に「うつ病」と表記しますが、現れる症状や発症する原因が異なるため、治療方法も違うと言われています。

それでは、どの様に違うのか、それぞれの特徴について分かり易く説明します。

「単極性うつ病」について

多くの「うつ病」を抱えている方が、この「単極性」だと言われています。
この「単極性」の特徴は、気分が落ち込む、何もする気が起きない、物事に対して興味や関心が持てない、そんな「抑うつ」と呼ばれる状態が何週間も続くことです。

更に、この「単極性うつ病」は身体的な変化がすぐ現われてくるのも特徴の1つです。
代表的な変化として、休んでも疲れが取れない、どんなに眠っても熟睡した気がしないといった事が頻繁に起こって苦痛を感じると言われています。
その原因の多くはストレスとされており、ノルマや時間に追われる「ストレス社会」と言われる現代では、この「単極性うつ病」の患者数が年々増加していると言われています。

「双極性うつ病」について

この「双極性うつ病」とは、上で説明している「単極性うつ病」の特徴である「抑うつ」状態と、異常なほどに喋ったり元気な状態になる「躁」という状態、この2つが波の様に繰り返し起こるのが特徴です。
更に「双極性」には細かな分類があります。
まず、基本は躁と抑うつの両方の波がある「双極T型」、躁と抑うつの波が「T型」に比べて軽い場合は「双極U型」、最後に1年に4回以上という、躁と抑うつの波が「T型」と「U型」とも違う特殊なタイプの「急速交代型」という種類があります。

しかし、ここで注意点があります。
上で紹介した「双極性うつ病」と「単極性うつ病」は、どちらも「抑うつ状態」が起こるため、本当は「双極性」でも「単極性」と判断されてしまうこともあります。
もし、ふさぎ込んだ気分の後に、急に元気になって普段より活動的になる時は、双極性うつ病を疑って医師に話した方が良いでしょう。

 
inserted by FC2 system