うつ病と上手に付き合う

うつ病と上手に付き合う

「うつ病」になって何をすべきか分からない方、または家族が「うつ病」になって悩んでいる方は少なくないでしょう。
何故なら、「うつ病」は他の人から見れば小さな事でも、それが原因で気分が落ち込んでしまうからです。
そんな自分や家族に対して「どうしよう」と焦っても、気分を更に落ち込ませるだけで何の解決にもなりません。
まずは自分や家族が「うつ病」である事を理解して、その症状と上手く付き合っていく事が回復への近道です。
ここでは、その付き合い方に関するポイントをいくつか御紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

気分が落ち込んだ時の対処法

気分がとても落ち込んでいる場合、それを無理に良くしようとするのは禁物です。
気分の落ち込みは身体的に疲れている時に現われやすい症状なので、そんな時は無理をせず、または無理をさせずにしっかり体を休ませる様にしましょう。

眠れない時の対処法

寝付けない時に無理に眠ろうとしても、気持ちが焦るばかりで逆効果になります。
そんな時、医師から薬を処方されている方は、指示を守って時間になったら薬を飲んで休息を取ると良いでしょう。
また、眠れなくても暗くした部屋で横になるだけでも気分が落ち着く場合もあるので、眠る事ばかり気にせずに「体を休める」と考えた方が楽になります。

食欲が出ない時の対処法

食べられない事が長く続くと、体力が落ちて「うつ状態」を悪化させる原因になる事ががあります。
しかし、だからと言って無理に食べても体が受け付けない状態なので、食べても吐いてしまう事があります。
なので、そんな時は無理をせずに「お腹が空いた」と感じた時に少量でも食べる様にすると良いでしょう。

 
inserted by FC2 system