うつ病の予防

うつ病の予防

近年になって患者の数が増加している「うつ病」ですが、実は少しの心掛けで予防できると言われています。
風邪の様な体の病気を予防するのと同じ様に、心の病気にならない様に予防する事は大切です。
その予防策としては、次のようなものが挙げられます。

ゆとりを持つ

「うつ病」の最大の原因は、過度のストレスだと考えられています。
なので、心にゆとりのある生活を送る事が予防に繋がります。
また、疲れた状態が長く続くと、それと同時に精神面にも辛い状態になりやすくなります。
これを踏まえた上で、心身ともにゆとりのある生活を出来るだけ心掛けるようにしましょう。

一人で抱え込まない

「うつ病」で悩んでいる人の中には、責任感が強く、頑張り過ぎる人が多い傾向があります。
しかし、人は一人では立っていられません。
周囲の人の助けがあってこそ、本当に立っていられるのです。
なので、周囲にお願いできる事は任せて、一人で負担を抱え過ぎない様にしましょう。

人目を気にしない

「隣の芝生はよく見える」と、いう言葉があるように、他人の行動や言動などが気になる人は少なくないでしょう。
しかし、他人が何を言っても、自分と違う行動をしても、気にし過ぎる事は良くありません。
何があっても、自分は自分だと思い、大切にしてあげてください。
少しずつでも良いので、他人の目を気にせず過ごせる様になりましょう。
そうすれば、あなたの生活は今まで以上に明るい日常になる筈です。

自己を知る

「うつ病」を予防するには、自分の性格を自分で理解する事も大切です。
無理に頑張り過ぎていないか、何かする前に悲観的な考えたが先に出てこないか等、今までの自分を振り返って負担を抱え込んでいる様なら、誰かに相談したり、負担を減らして改善していく事を心掛けましょう。

 
inserted by FC2 system